採用求人情報―社員インタビュー(1)

鹿児島の皆様の大切な交通を担うやりがいのある仕事があなたの活躍を待っています!
南国交通株式会社採用情報のご案内

社員インタビュー

自動車事業部

事務職 Kさん(30代男性・趣味:旅行、温泉巡り、カクテル作り)
事務職 Kさん

入社のきっかけを教えて下さい。

地元でもあり、バス事業・航空事業と事業分野が広い事に魅力を感じ入社しました。

入社当時大変だったことを教えて下さい。

航空事業(16年半)・バス事業(8ヶ月)と携わって共通して言えることは、覚えたての知識をお客様に理解してもらえるよう伝える事です。

今までに思い出に残るエピソードはありますか。

空港に勤めていた時の話ですが、車いすをご利用のお客様のお手伝いをした際、後日お礼の手紙を頂戴し、親交させて頂いた事です(残念ながらその方は既にお亡くなりになっています)。
今でもその手紙は大切に保管しています。

仕事をするうえで、あなたが心がけていることは何ですか。

対面・非対面に関わらず客様の時間価値を大事に行き届いたサービスが出来るよう心がけています。

仕事のやりがいと、今後の目標をお聞かせ下さい。

終わる事のない業務に日々チャレンジしていくやりがいを、今後も忘れず活気ある職場にしていこうと思います。

最後に一言お願いします。

様々な業種がありますが、どの職場でもきっとやりがいを見つける事が出来ると思います。
良き上司・先輩が必ずサポートしてくれます!

事務職 Kさん(30代男性・趣味:前職の仕事(=バスの運転))
事務職 Kさん

入社のきっかけを教えて下さい。

以前福岡でバスの乗務員をしておりましたが、当社での乗務員募集の話を聞き”故郷のバスに乗れる”という思いで応募しました。
因みに、訳あって乗務員ではなく営業所での事務職として入社いたしました。

入社当時大変だったことを教えて下さい。

当時始まった交通局の委託事業の関係で、入社の3日前に急遽小野にある鹿児島営業所から、市営バスの北営業所に配属変更となり、殆ど予備知識の無い状態で、委託開始秒読み段階(5日前)のごたごた状態の中に飛込んだ為、落ち着くまでの約一月間、訳の分からない状態でした。

仕事をしていて今までに思い出に残るエピソードはありますか。

何と言っても、市バス北営業所の委託事業スタートの瞬間にスターティングメンバーとして立ち会えたことです。上述のような苦労はありましたが、余程の縁がないとなれない「初代」になれたことは、今となっては忘れられない思い出です。

仕事のやりがいと、今後の目標をお聞かせ下さい。

道路上での業務は、常に事故等のリスクが伴います。それ故、乗務員の「乗務完了、異常なし!」の言葉ほど有り難いものはありません。今後も乗務員の皆さんが安全無事に帰ってきてもらえるようにお手伝いすることが私の目標であり、使命だと思っております。

最後に一言お願いします。

「好きこそものの上手なれ」という諺があります。持論ですが、これは好きだから上手なのではなく、「好き」だからこそ、苦とせず寧ろ楽しんで上手になるための修練に臨めるから「上手」になるのだと思います。もし何か好きなものがあるなら、勇気を出してその世界に飛び込んでみるのも良いかと思います。仕事に苦労は付き物ですが、きっとその苦労を楽しみ、伸び行く自分の姿に喜びを感じることができると思います。

鹿児島 バス|PAGE TOP